2021/02/04 23:19

1年前からの取り組みでデザイナーの大川さんと漆で新しいものづくりを取り組んでいます。
形とは 考えることが・・
今回は、3回目になります。
制作の中で、私は漆の柔らかく瑞々しい塗り質を表現したくいろいろ相談した中でフォルムを丸で大きく描き 中心部分に凹むアール面を入れてより立体感がみえる形に決まりましたが、職人としてその凹みの部分が一番技術に難しくいかにその部分を仕上げるかで、物に存在感出るかと思います。
頑張って制作してみます。